アッパヤ・ディークシタ(英語表記)Appaya Dīkṣita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッパヤ・ディークシタ
Appaya Dīkṣita

[生]1520
[没]1593
インドの大注釈家。カーンチー付近で生れる (1552~1624の説もある) 。ペナコンダのベンカタ1世に仕える。最初カルマ・ミーマーンサー派に属し,"Upakramaparākrama" "Vidhirasāyana"を著わした。次にベーダーンタ学派のシャンカラ派に転じ多くのウパニシャッドに対する注釈を著わした。一方,シバ派とビシュヌ派の書物に対する注釈をも書いたが,晩年,右道シャクティ派の女神信者となり,『サウンダリヤ・ラハリー』に対する注釈を書いた。さらに詩論家としても有名で,"Kuvalayānanda"を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android