コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川久蔵 はせがわきゅうぞう

4件 の用語解説(長谷川久蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川久蔵
はせがわきゅうぞう

[生]永禄11(1568)
[没]文禄2(1593).6.15. 京都
桃山時代の画家。長谷川等伯の長男。法名は道淳。父に画法を学び,兄弟のなかでは最も才能に恵まれていたが,父に先んじて 26歳で早世。作風は等伯に比し繊細であるが,色彩感覚が豊かで抒情性に富む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川久蔵 はせがわ-きゅうぞう

1568-1593 織豊時代の画家。
永禄(えいろく)11年生まれ。長谷川等伯の子。父にまなび,才能をみとめられて,京都智積(ちしゃく)院の障壁画を父とともに制作した。そのうちの「桜図」が代表作とされる。文禄(ぶんろく)2年6月15日死去。26歳。能登(のと)(石川県)出身。作品に屏風(びょうぶ)「大原御幸図」,京都清水寺の扁額「朝比奈草摺曳(あさひなくさずりびきの)図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川久蔵

没年:文禄2.6.15(1593.7.13)
生年:永禄11(1568)
桃山時代の画家。長谷川等伯の長男。法名は道淳。江戸時代の画史には久蔵を長谷川信春(若いころの等伯)の俗称と記すものがあるが,これは誤り。画の清雅さは父に勝り,その才能は長谷川派中でも抜きん出ていたと伝えられるが,父に先んじて26歳で没した。文禄2(1593)年ごろ,等伯一派は,豊臣秀吉が愛児鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲寺に,金碧の花木図障壁画(智積院蔵)を描いたが,そのうち最も優美で繊麗な「桜図」を久蔵の最後の仕事とする説が有力である。ほかに「大原御幸図屏風」(東京国立博物館蔵)や「朝比奈草摺曳図絵馬」(清水寺蔵)が知られる。

(川本桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわきゅうぞう【長谷川久蔵】

1568‐93(永禄11‐文禄2)
桃山時代の画家。長谷川等伯の子。能登国七尾の生れで,幼時父親とともに上京,父の手ほどきを受けて長谷川一門の有力画家となる。《大原御幸図屛風》(東京国立博物館),清水寺の板絵《朝比奈草摺曳図絵馬(あさひなくさずりびきずえま)》でその実力を示したが,1591年から父等伯らとともに制作した祥雲禅寺旧蔵の《桜図襖》(現,智積院)が代表作。その作風は,豪華絢爛の中にも,みずみずしい生命力をたたえ,一門の希望を託されたが,夭折した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長谷川久蔵の関連キーワード長谷川雪旦松林図屏風単庵智伝長谷川宗也長谷川等春長谷川左近長谷川珠長長谷川等周長谷川等林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone