コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーダーンタ学派 ベーダーンタがくは

4件 の用語解説(ベーダーンタ学派の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ベーダーンタがくは【ベーダーンタ学派】

インドのバラモン系統の一学派。六派哲学の一。宇宙の創造原理であるブラフマン(梵)を根本とする一元論を主張した。「ブラフマ-スートラ」を根本聖典とする。開祖はバーダラーヤナ。八世紀にシャンカラが出て飛躍的に発展し、中世以後のインド思想界の主流となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベーダーンタ学派【ベーダーンタがくは】

インド哲学の最有力学派。〈ベーダーンタvedanta〉とはベーダの末尾をいい,ウパニシャッドのことでもあるので,〈ウパニシャッドの学徒(アウパニシャダ)〉とも呼ばれる
→関連項目ラーダークリシュナン六派哲学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベーダーンタがくは【ベーダーンタ学派】

インド哲学で最も有力な学派。サンスクリットベーダーンタバーダVedāntavādaという。ベーダーンタは〈ベーダ聖典の終りの部分〉を意味し,ウパニシャッドを指すので,〈ウパニシャッドの学徒(アウパニシャダAupaniṣada)〉とも呼ばれる。 おそらく前3世紀ころまでには,古ウパニシャッドのかなりの部分が作成されたと推定されるが,ベーダーンタ学派ないしその源流と考えられるものも,そのころ成立したらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベーダーンタ学派
べーだーんたがくは
Vednta

インドの六派哲学中でもっとも有力な学派。ベーダーンタとは「ベーダ聖典の終わり」「ベーダ聖典の極意(ごくい)」の意味で、本来はウパニシャッドをさしたが、のちにウパニシャッドの体系的解釈を行うベーダーンタ学派の名称となった。本学派は紀元前3世紀ころすでに存在していたと考えられ、ミーマーンサー学派とは姉妹関係にある。後世この学派内部で開祖とみなされるバーダラーヤナが、前1世紀に現れ、解脱(げだつ)とその手段としてのブラフマン(梵(ぼん))の認識を重視して、祭式の実行を重視するミーマーンサー学派との相違を明確にした。5世紀には、本学派の根本聖典『ブラフマ・スートラ』が、現存する形に編纂(へんさん)された。この聖典は、当時有力だったサーンキヤ学派の説く純粋精神と原物質の二元論に対抗して、純粋精神ブラフマンを唯一の世界原因とする一元論を展開した。本書の出現で、ベーダーンタ学派は、ブラフマンの考究を最大の課題とする学派として確立した。その後、大乗仏教の影響を受け、本学派は幻影主義化した。一例をあげれば、7世紀のガウダパーダ作『マーンドゥーキヤ頌(じゅ)』には唯識(ゆいしき)思想の影響が著しい。
 しかし、8世紀前半になると、彼の孫弟子シャンカラが逆に仏教をベーダーンタ哲学に取り込んだ。そのため、ブラフマンと個我と現象世界がともに実在であるとする『ブラフマ・スートラ』の実在論的一元論は、ブラフマンのみが実在で個我と現象世界は幻影であるとする幻影主義的一元論(不二一元論(ふにいちげんろん))へと変容した。また彼は、ブラフマンの認識のみを解脱の手段と考え、行為を否定した。8世紀後半には、バースカラがシャンカラを批判し、伝統的な実在論的一元論と知行併合(ちぎょうへいごう)論の復活を図ったが果たせなかった。11世紀に入ると、ラーマーヌジャが、信愛によるビシュヌ神崇拝の高まりを背景として、ベーダーンタ哲学を実在論の側に引き戻し、行為を再評価した。彼はシャンカラを批判し、ブラフマンと個我・物質世界とはともに実在で、後者は前者の身体であるとする制限不二論(せいげんふにろん)を唱えた。そして、ブラフマンをビシュヌ神と同一視し、神への信愛を説いたが、その信愛は知の色彩が濃かった。12、13世紀には、マドバが、実在論をさらに推し進め、ブラフマンと個我と物質世界はともに実在で、おのおの明確に異なる存在であると主張して、実在論的な別異論を唱えた。14世紀には、ニンバールカが、ラーマーヌジャの影響を受け、ブラフマンと個我・物質世界とはともに実在で、両者は不一不異であると説いた(不一不異説)。そして、ブラフマンをクリシュナ神と同一視し、信愛を本来の情的なものに戻して、いわゆる恋愛的信愛を創始した。15、16世紀には、バッラバが不異説をさらに徹底させた。彼の説は純粋一元論で、ブラフマンと個我・現象世界とは、ともに純粋精神であり不異であるとしている。その後、ベーダーンタ学派は、近代のビベーカーナンダ、タゴールをはじめ多くの思想家に影響を与え続け、現代に至っている。[島 岩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベーダーンタ学派の言及

【インド哲学】より

…(5)ミーマーンサー学派 ダルマ(法)の研究を目指し,ベーダの規定する祭礼・儀礼の実行の意義を哲学的に考究する。(6)ベーダーンタ学派 ミーマーンサー学派と密接な関係にあり,ウパニシャッドの主題ブラフマンの考究を目指し,宇宙の根本原理として純粋に精神的原理ブラフマンのみを想定する。後代多くの派に分かれるが,インド思想界の主流を形成して今日に至っている。…

【有】より

…この〈有〉は一般にはブラフマン(梵)と称され,上述のごとく実はアートマンと同一である。なお,後世のベーダーンタ学派では,仏教の中観派の用法をまねて,ブラフマン(=アートマン)を勝義(真実)有,現象界のものを世俗有と言い分ける。仏教一般では,生死輪廻する主体としての〈有bhava〉を想定し,特に死後再生するまでの間を〈中有(中陰)〉という。…

【観念論】より

…ただ,あえて言うならば,インド思想のほとんどは観念論だということになろう。たとえば,《ウパニシャッド》文献に端を発するベーダーンタ学派,サーンキヤ学派の考えによれば,われわれが経験するこの世界は,われわれが自己の本体(アートマン)が何であるかを知らないこと(無知,無明)がきっかけとなって展開したものであり,つまりわれわれの日常的認識(分別,迷妄)が作り出したものであるとする。これは仏教でも基本的には同様であり,《華厳経》の〈三界唯心〉,瑜伽行派の〈唯識無境〉〈識の転変〉なども,日常生活における主客対立の見方である〈虚妄分別〉の心作用がこの世界を形成すると説いている。…

【解脱】より

…その真実の知を仏教では悟り(ボーディbodhi,菩提(ぼだい),覚(かく))といい,それを得た人をブッダbuddha(仏陀,覚者)といい,悟りの境地をニルバーナnirvāṇa(涅槃(ねはん))という。 仏教以降に出た諸派の解脱観については,たとえばサーンキヤ学派,ヨーガ学派は,自己の本体であるプルシャpuruṣa(純粋精神)を,身体(ふつうの意味での意識も含む)や外界など物質的なものから完全に区別して知ること(区別知,ビベーカviveka)によって,純粋精神が物質的なものから完全に孤立すること(独存(どくそん),カイバルヤkaivalya)が解脱であるとし,ベーダーンタ学派は,自己の本体であるアートマンātman(我(が))が実は宇宙の本体であるブラフマンbrahman(梵)と同一であると明らかに知ること(〈明〉)によって解脱が得られるとするが,いずれにしても,真実の知によって解脱が得られるとする点では,基本的に上述の仏教の考え方と軌を一にする。悟り【宮元 啓一】。…

【語常住論】より

…古代インドのミーマーンサー学派,ベーダーンタ学派,文法学派が主張した説。言葉は常住,ないし言葉と意味の結合関係は永遠不変であるとする。…

【実在論】より

…これに対して,仏教(経量部,ないしその系統をひく論理学派)は,実在するのは刹那(せつな)(瞬間)に消滅する個物のみであり,普遍などは,われわれの分別(ふんべつ)によって捏造された虚妄なもので,たんなる名称,言葉としてあるにすぎないとする。これに類似した説を,ベーダーンタ学派,サーンキヤ学派も唱えている。おおまかにスコラ哲学の用語をあてはめれば,ニヤーヤ学派などが実念(実在)論を,仏教などが唯名論を展開したといえる。…

【真理】より

…また初期仏教の教法は四聖諦(ししようたい)としてまとめられているが,この〈諦〉もサティヤの漢訳語である。一般に,悟りへの道を示す教えはサティヤと称しうるが,ベーダーンタ学派などでは,窮極的なサティヤはブラフマン(梵)であるとされる。また,タタターtathatā(真如),ヤターブータyathābhūta(如実)は仏教でとくに愛好される語で,悟りの境地で体得される真実の世界を示している。…

【マーヤー】より

…仏教においては心作用の一つとされ,〈欺瞞〉〈裏切り〉を意味し,また〈人を眩惑する力〉〈幻〉を意味し,事物に実体がないことにたとえられる。仏教の影響を強く受けたベーダーンタ学派のガウダパーダの場合には,アートマン,心,あるいは思考のもつ〈神秘的な力〉〈魔術的幻影〉を意味する。不二一元論学派の開祖シャンカラの場合には,〈詐欺〉〈神の神秘的な,人を眩(くら)ます幻力〉〈魔術〉などを意味するにすぎないが,後継者たちの場合にはしばしば無明の同義語で,宇宙の質料因と考えられている。…

【六派哲学】より

…100年ころに編纂された《ミーマーンサー・スートラ》(ジャイミニ作と伝えられる)が根本経典。(2)ベーダーンタ学派の哲学 この学派はミーマーンサー学派と同根の姉妹学派で,ベーダ文献の知識部(とくにウパニシャッド)の解釈を旨とする。この学派によれば,宇宙の根本原理としてはただブラフマンがあるのみであり,そして我々の自我の本体であるアートマンは実はこのブラフマンにほかならないという。…

※「ベーダーンタ学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベーダーンタ学派の関連キーワードコールブルックサンスクリット劇サンスクリット語西南ドイツ学派ニヤーヤ学派バーダラーヤナサンスクリーンクリーム木村日紀不二一元論派文法学派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone