コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテネーウム アテネーウムDas Athenäum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテネーウム
Das Athenäum

ドイツの文芸雑誌。 1798~1800年,批評家シュレーゲル兄弟が中心となり,ベルリンで発刊されたロマン派の機関誌。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アテネーウム【Athenäum】

シュレーゲル兄弟(シュレーゲルAugust Wilhelm Schlegel(1767‐1845),F.シュレーゲル)によって編集・発行されたドイツ・ロマン派の文芸機関誌。全3巻6冊(1798‐1800)。寄稿の大半はシュレーゲル兄弟自らの手になったが,ノバーリスシュライエルマハーの作品も掲載された。F.シュレーゲルによる《アテネーウム断章》《イデーエン断章》《ポエジーに関する対話》,ノバーリスの《夜の讃歌》は,ドイツ・ロマン主義の文芸理論・宗教観・自然哲学の原点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アテネーウムの関連キーワードナポレオン(1世)ヘルウェティア共和国ケンタッキー・バージニア決議ヘルダーリン本居宣長(国学者、神道学者)ゴヤ(年譜)ペスタロッチインド哲学ゴルチャコフフェリス