アテレクトミー(英語表記)atherectomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテレクトミー
atherectomy

動脈硬化などで,心臓自体に栄養を送り込む冠動脈にたまったコレステロールや組織片の塊 (アテローム) を,特殊なカッターを使って血管の内壁から直接削取る新しい治療法。実際には,内側にカッターがついたさやを細いカテーテルの先端部に取付け,大腿動脈から挿入して狭窄部にセットする。カッターを回転させて沈着物質を削り取り,かすはさやの中に取込む仕組みになっている。従来から使われていたバルーン・カテーテルでは広がらない血管の手術に適している。しかし,現状では冠動脈の太いところでしか使えないという短所もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アテレクトミー【atherectomy】

動脈硬化の原因となる、動脈にたまったコレステロールなどを、内側にカッターをつけたカテーテルを用いて、血管の内側から直接削り取る治療法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android