コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテレクトミー アテレクトミー atherectomy

2件 の用語解説(アテレクトミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテレクトミー
アテレクトミー
atherectomy

動脈硬化などで,心臓自体に栄養を送り込む冠動脈にたまったコレステロールや組織片の塊 (アテローム) を,特殊なカッターを使って血管の内壁から直接削取る新しい治療法。実際には,内側にカッターがついたさやを細いカテーテルの先端部に取付け,大腿動脈から挿入して狭窄部にセットする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アテレクトミー【atherectomy】

動脈硬化の原因となる、動脈にたまったコレステロールなどを、内側にカッターをつけたカテーテルを用いて、血管の内側から直接削り取る治療法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アテレクトミーの関連キーワード大動脈脳動脈硬化症送り込む冠動脈心疾患動脈硬化末梢動脈疾患アテローム硬化細動脈硬化動脈硬化指数(AI)小・細動脈硬化

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アテレクトミーの関連情報