コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテレクトミー atherectomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテレクトミー
atherectomy

動脈硬化などで,心臓自体に栄養を送り込む冠動脈にたまったコレステロールや組織片の塊 (アテローム) を,特殊なカッターを使って血管の内壁から直接削取る新しい治療法。実際には,内側にカッターがついたさやを細いカテーテルの先端部に取付け,大腿動脈から挿入して狭窄部にセットする。カッターを回転させて沈着物質を削り取り,かすはさやの中に取込む仕組みになっている。従来から使われていたバルーン・カテーテルでは広がらない血管の手術に適している。しかし,現状では冠動脈の太いところでしか使えないという短所もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アテレクトミー【atherectomy】

動脈硬化の原因となる、動脈にたまったコレステロールなどを、内側にカッターをつけたカテーテルを用いて、血管の内側から直接削り取る治療法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アテレクトミーの関連キーワード閉塞性動脈硬化症動脈硬化

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android