アドオン

パソコンで困ったときに開く本の解説

アドオン

アドイン・ソフトと同じ意味で使われます。言葉としては、ソフトの内側に入る(イン)、ソフトの外側にくっつく(オン)といった違いがありますが、あくまでも感覚的なものです。
⇨アドイン・ソフト

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

流通用語辞典の解説

アドオン【add-on】

住宅ローンや消費者ローンの返済方法に採用されているもので、借入金とその利子の合計を分割して返済する方法。計算方法は、借入金を満期まで借りたと仮定した利子総額に借入金を加えた合計額を、均等分割して分割返済額を算出する。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アドオン【add on】

〔付加した物の意〕
コンピューター、ステレオなど電気製品の付属装置。付加機器。付属物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドオン
あどおん
add-on

コンピュータ上で動作する既存のアプリケーションに、機能を追加するための小さなソフトウェアのこと。アドインadd-inともいう。アドオンを導入できるようにつくられているアプリケーションでは、アドオンを組み込むことで初期インストール時にはない機能や環境を追加できる。アドオンには、アプリケーションに付属しているものやインターネットで配布されるもの、サードパーティ(純正メーカー以外の開発会社)やユーザーが開発したものなどさまざまな形態がある。
 一般的なアドオンとしては、ウェブブラウザーへの機能追加がある。検索エンジンや辞書などの追加、デザインの変更、広告ブロック機能の追加などが提供されている。また、グラフィックソフトや表計算ソフトなどでも機能追加のアドオンがあり、これらはプラグインとかプラグインモジュールとよばれることもある。なお、同義で扱われることが多いプラグインは、厳密にはアドオンの分類の代表的な一つである。たとえばフリーのウェブブラウザーであるFirefox(ファイアフォックス)では、アドオンを「拡張機能」「テーマ」「プラグイン」に分類して提供している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android