コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドラティオ adoratio[ラテン]

1件 の用語解説(アドラティオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アドラティオ【adoratio[ラテン]】

本来は神々の崇拝,礼拝を意味する語。宗教祭祀はローマ社会ではきわめて重要な意味をもった。したがってアドラティオは国家的な面でも私的な生活でも配慮されるべきものであったが,帝政期には皇帝のアドラティオが重みを増した。特にディオクレティアヌスペルシアにならって皇帝の前での拝跪礼(ギリシア語でプロスキュネシス)を要求するに至ったが,この拝跪礼をもラテン語でアドラティオと呼ぶようになった。【松本 宣郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone