アドラム(英語表記)`Adullam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドラム
`Adullam

イスラエル中央部の古代都市。エルサレムの南西 36kmに位置するテルアドラム (アラビア語でテル・アッシャイフ・マフクール) の小丘が古代都市の遺跡として一般に認められている。アドラムは旧約聖書にしばしば記録され,ソロモンの王子,ユダ王国初代王レハベアムが,この地に城塞を築いたとある。現在のイスラエルでは,アドラムはエルサレム西方の計画的開発地帯をさし,この古代の遺跡も含まれている。 1958年に入植が開始され,農村や農業中心地が建設され,軽工業も発達しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android