アドルフ スプルング(英語表記)Adolf Sprung

20世紀西洋人名事典の解説


1848 - 1909
ドイツの気象学者。
元・ポツダム気象地磁気観測所所長
ペルレベルグ付近クライノフ生まれ。
薬剤師を志していたが、ライプツィヒ大学で物理と化学を学び、ウィーデマン教授の勧めにより気象学を専攻した。1876年からハンブルク海洋気象台に属し天気予報を行っていたが、台長の要請で著した気象学の教科書が広く読まれ影響を及ぼした。その後ベルリン気象台を経て、1892年からポツダム気象地磁気観測所の所長となった。また、自記水銀気圧計や自動測雲写真儀などさまざまな気象観測機器の開発も試みた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android