アドルフ ヨッフェ(英語表記)Adol’f Abramovich Ioffe

20世紀西洋人名事典の解説


1883 - 1927
ソ連外交官
元・ソビエト政府駐ドイツ大使,元・駐中国大使。
クリミア半島シンフェロポリ生まれ。
早くから社会主義運動に参加。1902年ロシア社会民主労働党に入党。ベルリン大学、チューリヒ大学で医学と法学を学ぶ。トロツキーなどと革命運動を進め、’17年ボリシェビキ党に入党。十月革命後、外交の分野で手腕を発揮し、ブレスト・リトフスク条約の交渉を始め、’18年ソビエト政府初代駐ドイツ大使、’22年駐中国大使を歴任。’23年孫文と共同宣言を発表。同年日ソ国交回復交渉のため来日するなど初期ソ連外交に重要な役割を演じる。トロツキーの追放ジノビエフ除名に抗議し、自殺

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android