コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレス変換 あどれすへんかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アドレス変換

パケット内のプライベートアドレスとグローバルアドレスを相互変換することで、LAN内のコンピューターがインターネットを利用できるようにするための機能。ブロードバンドルーターなどに搭載される。インターネットに接続している各コンピューターはグローバルアドレスを使用して通信する。しかし、グローバルアドレスは数に限りがあるため、LANなどの「閉じた」ネットワークでは、そのネットワーク内だけで一意なプライベートアドレスが使われることが多い。プライベートアドレスを割り当てられたコンピューターはそのままではインターネットに接続できないが、ルーターがアドレス変換の処理を行なうことでインターネットとの通信が可能になる。アドレス変換には、大きく2つの種類がある。1つがIPアドレスだけを変換する「NAT(Network Address Translation)」、もう1つはIPアドレスだけでなくポート番号まで変換の対象にするIPマスカレード(NAPT:Network Address Port Translation)である。NATはプライベートアドレスとグローバルアドレスが1対1で変換されるため、保持しているグローバルアドレスの数しか同時に接続できない。一方のIPマスカレードはポート番号を変換することでLAN内のホストを識別し、1つのグローバルアドレスを複数台のコンピューターで共有できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

アドレス変換の関連キーワードRapid Virtualization Indexing静的IPマスカレードパケットフィルターアクセスルーターNAT(通信)仮想メモリー仮想記憶装置ページング仮想記憶TLBMMU

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アドレス変換の関連情報