コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナトリア諸語 アナトリアしょごAnatolian languages

1件 の用語解説(アナトリア諸語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナトリア諸語
アナトリアしょご
Anatolian languages

アジアニック諸語,小アジア諸語とも呼ばれ,古代に小アジア半島で話されていた言語の総称。紀元後は次第にギリシア語に取って代られた。最も有名なのは楔形文字の碑文から知られているヒッタイト語で,インドヨーロッパ語族に属する。ほかに,やはりインド=ヨーロッパ語族に属すると推定されるパラー語ルウィ語も行われていた。前約 2000年のヒッタイト族の侵入以前にこの地に居住していた人々の言語であるハット語や東部地域に分布していたフルリ人フルリ語は,非インド=ヨーロッパ語系であるが,詳しい系統関係は知られていない。ハット語基層言語として,ヒッタイト語その他に影響を及ぼしている。ヒッタイト帝国の滅亡 (前 1200) 後,楔形文字は衰え,象形文字で書かれたルウィ語と思われる碑文も発見されているが,前8世紀からギリシア文字が用いられるようになる。この時代以降の言語としては,古期フリュギア語リュキア語リュディア語が知られ,いずれもインド=ヨーロッパ語族系と推定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone