コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナトリア諸語 アナトリアしょごAnatolian languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナトリア諸語
アナトリアしょご
Anatolian languages

アジアニック諸語,小アジア諸語とも呼ばれ,古代に小アジア半島で話されていた言語の総称。紀元後は次第にギリシア語に取って代られた。最も有名なのは楔形文字の碑文から知られているヒッタイト語で,インド=ヨーロッパ語族に属する。ほかに,やはりインド=ヨーロッパ語族に属すると推定されるパラー語ルウィ語も行われていた。前約 2000年のヒッタイト族の侵入以前にこの地に居住していた人々の言語であるハット語や東部地域に分布していたフルリ人のフルリ語は,非インド=ヨーロッパ語系であるが,詳しい系統関係は知られていない。ハット語は基層言語として,ヒッタイト語その他に影響を及ぼしている。ヒッタイト帝国の滅亡 (前 1200) 後,楔形文字は衰え,象形文字で書かれたルウィ語と思われる碑文も発見されているが,前8世紀からギリシア文字が用いられるようになる。この時代以降の言語としては,古期フリュギア語リュキア語リュディア語が知られ,いずれもインド=ヨーロッパ語族系と推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アナトリア諸語の関連キーワードウラルトゥ語カリア語

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android