コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌマーンラーチャトン Phraya Anuman Rajadhon

世界大百科事典 第2版の解説

アヌマーンラーチャトン【Phraya Anuman Rajadhon】

1888‐1969
タイ国人文科学界の先駆的指導者。特に同国民俗学の育ての親として知られる。筆名,サティアン・コーセートSathiankoset。土着主義を学問的基盤にすえて,膨大な人間観察の記録を残した。代表作品は《タイ旧慣習》(1956),《往時のタイ人の生活》(1957),《タイ固有習俗集成》(1962‐65。邦訳書名《タイ民衆生活誌》),《回想録》(1967‐70。邦訳書名《回想のタイ・回想の生涯》)。平民出身,低学歴(中等4年修了のみ)の不利を克服し,芸術局総裁,シャム協会会長など多くの要職を歴任し,タイ学界の最高位を極めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アヌマーンラーチャトンの関連キーワード[各個指定]芸能部門秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)チェーホフアームストロングアームストロング(Neil Alden Armstrong)陳舜臣東松照明ベルイマン(Ingmar Bergman)森一生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android