コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌマーンラーチャトン Phraya Anuman Rajadhon

1件 の用語解説(アヌマーンラーチャトンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アヌマーンラーチャトン【Phraya Anuman Rajadhon】

1888‐1969
タイ国人文科学界の先駆的指導者。特に同国民俗学の育ての親として知られる。筆名,サティアン・コーセートSathiankoset。土着主義を学問的基盤にすえて,膨大な人間観察の記録を残した。代表作品は《タイ旧慣習》(1956),《往時のタイ人の生活》(1957),《タイ固有習俗集成》(1962‐65。邦訳書名《タイ民衆生活誌》),《回想録》(1967‐70。邦訳書名《回想のタイ・回想の生涯》)。平民出身,低学歴(中等4年修了のみ)の不利を克服し,芸術局総裁,シャム協会会長など多くの要職を歴任し,タイ学界の最高位を極めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アヌマーンラーチャトンの関連キーワードラジオ放送東京ヴェルディ文化勲章ウィルヘルム朝鮮映画由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone