コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌマーンラーチャトン Phraya Anuman Rajadhon

1件 の用語解説(アヌマーンラーチャトンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アヌマーンラーチャトン【Phraya Anuman Rajadhon】

1888‐1969
タイ国人文科学界の先駆的指導者。特に同国民俗学の育ての親として知られる。筆名,サティアン・コーセートSathiankoset。土着主義を学問的基盤にすえて,膨大な人間観察の記録を残した。代表作品は《タイ旧慣習》(1956),《往時のタイ人の生活》(1957),《タイ固有習俗集成》(1962‐65。邦訳書名《タイ民衆生活誌》),《回想録》(1967‐70。邦訳書名《回想のタイ・回想の生涯》)。平民出身,低学歴(中等4年修了のみ)の不利を克服し,芸術局総裁,シャム協会会長など多くの要職を歴任し,タイ学界の最高位を極めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヌマーンラーチャトンの関連キーワード自然科学人文科人文科学泰斗文科文科省理科リベラルアーツ文科相福永光司

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone