コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌーシュティギーン Anūshtigīn

世界大百科事典 第2版の解説

アヌーシュティギーン【Anūshtigīn】

?‐1097
ホラズム・シャー朝の創設者。アフガニスタンの北部の出身。奴隷として購入され,セルジューク朝の宮廷で〈手洗いの水盤持ち(タシュトダール)〉を務める。1077年にマリク・シャーによってホラズム地方の軍政府総督(シャフナ)に任命され,しだいに独立的傾向を強めた。その子クトゥブ・アッディーンにいたってホラズム・シャー(〈ホラズム王〉の意)を自称するようになった。【清水 宏祐】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アヌーシュティギーンの関連キーワード承徳源経信永長承徳藤原忠通万寿寺源経信五摂家知顕抄万寿寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android