アバクム(英語表記)Petrovich Avvakum

大辞林 第三版の解説

アバクム【Petrovich Avvakum】

1620~1682) ロシアの聖職者。一七世紀後半にロシア正教会で行われた典礼改革に反対した分離派の指導者。追放され、火刑に処せられた。豊かな表現力ある文体で書かれた「自伝」は、自伝文学の古典として名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アバクム【Petrovich Avvakum】

1620‐82
17世紀ロシアの長司祭。モスクワ総主教ニコン典礼改革に反対した分離派(ラスコーリニキ)の指導者。ニジニノブゴロド州グリゴロボ村の司祭の子として生まれた。当時のロシアでは教会改革の機運が高まっており,聖職についたアバクムも当初は積極的に改革運動に関与した。のちモスクワでクレムリンのカザン大聖堂の長司祭となった。しかしニコンがモスクワ総主教となり(1652),当時のギリシアの慣行に従った典礼改革にのりだすと,アバクムは正面からこれに反対した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアバクムの言及

【ラスコーリニキ】より

…この分派は1667年に正教会によって破門され,以降,国家権力の迫害にさらされることになった。指導者の長司祭アバクムは2度にわたって追放され,82年に火刑に処せられた。 ラスコーリニキは,一部の貴族,聖職者,農民,商人など広範な階層から成り,一種の社会運動の様相を見せたため,分離後の約80年は激しい弾圧をこうむった。…

【ロシア文学】より

…モスクワ時代の一元性,孤立性は17世紀初頭の〈動乱〉,17世紀半ばの〈教会分裂(ラスコール)〉によって根底からゆるがされ,文学の中にも新しい要素が現れる。世紀後半の〈世俗物語〉と呼ばれる宗教的色彩の少ない作品群や,教会分裂の際の分離派教徒の指導者アバクムの《自伝》(1672‐75)がその代表的作品である。後者は元来〈聖者の伝記〉を意味した〈ジチエーzhitie〉という名称を自作の表題にかかげつつ,自分自身の生涯を生きた口語的なロシア語で赤裸々に描いた力強い作品である。…

※「アバクム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android