コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僻遠 ヘキエン

大辞林 第三版の解説

へきえん【僻遠】

中心となる地域から遠く離れていること。また、そのような所。 「 -の地」 「あの男はいつか此-の境に来て、漁師をしたか、農夫をしたか知らぬが/冬の王 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僻遠の関連キーワード僻・劈・壁・璧・癖・碧シャーマニズム鹿児島(県)オブローモフ佐々木俊作別格官幣社福島(県)青銅器時代宮崎(県)佐井[村]僻地教育西山順泰伊豆七島舟山群島東北地方大尉の娘僻在農夫地角樺太

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僻遠の関連情報