コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アファイア神殿 アファイアしんでんAphaia temple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アファイア神殿
アファイアしんでん
Aphaia temple

ギリシア,アテネの南西,エイナ島の山上に建つ女神アファイアの神殿。前510頃~前490年頃の建造で,正面 6柱,側面 12柱のドーリス式建築(→ドーリス式オーダー)。トロイ戦争を題材とした東西破風の群像彫刻は,アルカイック期からクラシック期にいたる新旧二つの時代様式(東破風が新しい)を物語っている。これらの彫刻はドイツのミュンヘンにあるグリュプトテークに収蔵されている。(→ギリシア美術

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アファイア‐しんでん【アファイア神殿】

Naos tis AphaiasΝαός της Αφαίας》⇒アフェア神殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアファイア神殿の言及

【アイギナ[島]】より

…陶器・青銅器製造で知られ,またギリシア世界で最初に貨幣鋳造を行った。サロニコス湾を望む丘陵上のアファイア神殿は前6世紀末か5世紀初めの建設で,アルカイク期後期の最も完成された様式の神殿といわれ,1950年代末に再建された。古代都市跡は島の北西部にあり,アポロン神殿(一時アフロディテ神殿とされていた)が見られる。…

※「アファイア神殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アファイア神殿の関連キーワードアイーナ島

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android