コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・シャー・ドゥッラーニー Aḥmad Shāh Durrānī

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・シャー・ドゥッラーニー【Aḥmad Shāh Durrānī】

1722‐72
アフガニスタンのドゥッラーニー朝(1747‐1842)の始祖。在位1747‐72年。アフガン(パシュトゥーン)族のアブダリーAbdalī(のちにドゥッラーニーと改称)系のサドーザイ家の出身。イランのアフシャール朝のナーディル・シャーの下の一部隊長であったが,1747年,ナーディル・シャーの死後,カンダハールでドゥッラーニー部族連合の盟主に推され,ドゥッラーニー朝を開いた。これがアフガニスタン建国の始まりである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アフマド・シャー・ドゥッラーニーの関連キーワードパーニーパットの戦いバーラクザイ朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android