コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・シャー・ドゥッラーニー Aḥmad Shāh Durrānī

1件 の用語解説(アフマド・シャー・ドゥッラーニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・シャー・ドゥッラーニー【Aḥmad Shāh Durrānī】

1722‐72
アフガニスタンドゥッラーニー朝(1747‐1842)の始祖。在位1747‐72年。アフガン(パシュトゥーン)族のアブダリーAbdalī(のちにドゥッラーニーと改称)系のサドーザイ家の出身。イランアフシャール朝ナーディル・シャーの下の一部隊長であったが,1747年,ナーディル・シャーの死後,カンダハールでドゥッラーニー部族連合の盟主に推され,ドゥッラーニー朝を開いた。これがアフガニスタン建国の始まりである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフマド・シャー・ドゥッラーニーの関連キーワード石仏ヘラートムルタンアフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガンの男アフガニスタン戦争9・11とアフガニスタンアフガニスタン難民

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone