コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガン アフガンAfghan

翻訳|Afghan

3件 の用語解説(アフガンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アフガン(Afghan)

アフガニスタンの、の意を表す。「アフガン人」
アフガニスタン‐イスラム共和国」の略。
(afghan)アフガン編みの羊毛製の柔らかい毛布ローブなどの総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフガン
あふがん
Afghan

アフガニスタン全人口の50~60%を占める民族で、パターンPathan、プクトゥンPukhtun、パシュトゥンPashtunともいう。広義にはアフガニスタンに住む全住民を包括した呼称である。浅黒い皮膚に黒い髪をもった、誇り高く勇猛な民族で、国家統一の中軸となり、現在も指導的地位のほとんどを占めている。かつてインダス川流域から移住してきたアーリア系民族であり、インドヨーロッパ語族の東部イラン語派に属するパシュトー語を日常語とする。元来は遊牧民で、半乾燥の厳しい自然環境のなかで、南部の丘陵や中央部の高原地帯を移動しながら、ヒツジ、ヤギ中心の遊牧生活を送った。今日でも、遊牧民の伝統は残し、羊毛から特産品のじゅうたんがつくられるが、多くは都市住民、定住農耕民となった。彼らの多くは、コーランの教えに忠実なスンニー派イスラム教徒である。一夫多妻が認められてはいるものの、ほとんどが今日では単婚である。伝統生活に固執し、男女の行動様式の相違を強調し、都市部でも、女性は外出時には伝統的衣装であるチャードリーを頭からすっぽりかぶって人目に触れないようにする。[片多 順]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアフガンの言及

【アフガニスタン】より

…最高峰はノシャーフ(7470m)で,この国の北東隅にある。平野はヒンドゥークシュ山脈の北または南にあり,北のそれはアフガン・トルキスタンと呼ばれ,トルキスタン地方に連続している。集落の高度は標高約400mから2600mに及ぶ。…

【パシュトゥーン】より

…アフガニスタン全域からパキスタン北西部にかけての地域に住むアーリア系の民族。アフガーンAfghān,パターンPathānとも呼ばれる。人口約1500万,すべてイスラム教徒である。母語はインド・ヨーロッパ語族のパシュト語で,アラビア文字で表記される。原住地は今のアフガニスタン・パキスタン国境を走るスレイマン山脈地方で,18世紀中ごろカンダハールを中心としてアフガニスタンを建国した。1893年,アフガニスタンとイギリス領インドの国境が画定され,これが彼らの住地を二分して,パキスタンでは北西辺境州を形成している。…

※「アフガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガンの関連情報