コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・シャー Aḥmad Shāh

1件 の用語解説(アフマド・シャーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・シャー【Aḥmad Shāh】

1898‐1930
カージャール朝の第7代シャー。在位1909‐25年。第6代モハンマド・アリーの第2子としてタブリーズ生まれる。イラン立憲革命の最中,立憲派と激しく対立し同派のテヘラン制圧と同時に廃位させられた父の跡を継ぎ,同王朝最後のシャーに即位(1909)。その後5年間の摂政期間を経て,第1次大戦直前に親政を開始するが,1921年のクーデタ後実権を掌握したレザーハーン(レザー・シャー・パフラビー)と対立。25年,第5議会がカージャール朝の廃止を可決するに及んでフランスに隠棲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフマド・シャーの関連キーワードカージャール朝キーパーチャージジンジャーエールターボチャージャーニュージャージーバージャー病イメージャーステージマネージャーナイト・マネージャーオペロンジャージ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフマド・シャーの関連情報