アフマド・シャー(英語表記)Aḥmad Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・シャー【Aḥmad Shāh】

1898‐1930
カージャール朝の第7代シャー。在位1909‐25年。第6代モハンマド・アリーの第2子としてタブリーズに生まれる。イラン立憲革命の最中,立憲派と激しく対立し同派のテヘラン制圧と同時に廃位させられた父の跡を継ぎ,同王朝最後のシャーに即位(1909)。その後5年間の摂政期間を経て,第1次大戦直前に親政を開始するが,1921年のクーデタ後実権を掌握したレザー・ハーン(レザー・シャー・パフラビー)と対立。25年,第5議会がカージャール朝の廃止を可決するに及んでフランスに隠棲

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android