コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフメット・ハーシム Ahmet Hâşim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフメット・ハーシム
Ahmet Hâşim

[生]1884. バグダード
[没]1933. イスタンブール
トルコの詩人。イスタンブール大学法学部卒業。ガラタサライ・リセ在学中から詩を書き始めた。雑誌『学問の富』 Servet-i Fünûn文学派の影響を受け,1907年若い文学仲間と「未来の夜明け」 Fecr-i Âtî派を結成。のちフランスの象徴主義を取入れ,トルコの代表的象徴詩人となった。詩集『湖畔の時』 Göl Saatleri (1921) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフメット・ハーシムの関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイスベルドラップ(Johan Sverdrup)[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android