アフメット・ハーシム(英語表記)Ahmet Hâşim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフメット・ハーシム
Ahmet Hâşim

[生]1884. バグダード
[没]1933. イスタンブール
トルコの詩人。イスタンブール大学法学部卒業。ガラタサライ・リセ在学中から詩を書き始めた。雑誌『学問の富』 Servet-i Fünûn文学派の影響を受け,1907年若い文学仲間と「未来の夜明け」 Fecr-i Âtî派を結成。のちフランスの象徴主義を取入れ,トルコの代表的象徴詩人となった。詩集『湖畔の時』 Göl Saatleri (1921) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android