コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフヨンカラヒサル Afyonkarahisarı

世界大百科事典 第2版の解説

アフヨンカラヒサル【Afyonkarahisarı】

トルコ中西部,アンカラの南西約200kmにある同名県の県都。別名アフヨンAfyon。人口9万6000(1990)。古くはビザンティン帝国の城砦のあったところ。アフヨンはトルコ語でアヘンを意味する。同県はトルコの主要なアヘン用ケシの栽培地域であり,同市は古くからアヘン取引で繁栄してきた。この地方の商業・交通の中心地で,モヘア毛糸,小麦,豆類などの取引も活発に行われる。【長場 紘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アフヨンカラヒサルの関連キーワードインスリンレセプター基質コングリシニン色温度シートフィルターリフレクターランプ測定の方法中間圏ジュールの実験フッ化硫黄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android