コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフラーシアーブ Afrāsiāb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフラーシアーブ
Afrāsiāb

ウズベキスタン,サマルカンド市北郊にある都城址。 1220年にモンゴル軍によって破壊される以前の古代サマルカンドの遺跡。中世イランの叙事詩『シャー・ナーメ』に登場するトゥーラーン王アフラーシアーブの居城がここにあったとする伝承に由来する。前5~4世紀に属する下層の建築跡はひどく破壊されているが,これはアレクサンドロス3世 (大王) の軍隊によるものと思われる。7世紀に属する邸宅跡では,華麗な装いの人々の行列を描いた彩色壁画が発見され,当時のサマルカンドの繁栄が偲ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフラーシアーブの関連キーワードウズベキスタンシシュキン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android