アフラーシアーブ(英語表記)Afrāsiāb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフラーシアーブ
Afrāsiāb

ウズベキスタン,サマルカンド市北郊にある都城址。 1220年にモンゴル軍によって破壊される以前の古代サマルカンドの遺跡。中世イランの叙事詩『シャー・ナーメ』に登場するトゥーラーン王アフラーシアーブの居城がここにあったとする伝承に由来する。前5~4世紀に属する下層の建築跡はひどく破壊されているが,これはアレクサンドロス3世 (大王) の軍隊によるものと思われる。7世紀に属する邸宅跡では,華麗な装いの人々の行列を描いた彩色壁画が発見され,当時のサマルカンドの繁栄が偲ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android