アブドゥル・ハミト2世(読み)アブドゥル・ハミトにせい(英語表記)Abdülhamit II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アブドゥル・ハミト2世」の解説

アブドゥル・ハミト2世
アブドゥル・ハミトにせい
Abdülhamit II

[生]1842.9.21. イスタンブール
[]1918.2.10. イスタンブール
オスマン帝国第 34代スルタン (在位 1876~1909) 。初め憲法を発布し,二院制議会政治を発足させるなど自由主義的な傾向を示したが,まもなくこれをみずから否定し,オスマン朝末期に現れた最も専制的な君主となった。彼の治世中にはバルカン領土の大半が失われたが,巧みな外交政策によってオスマン帝国の政治的独立をかろうじて維持することに成功した。 1909年,政治結社青年トルコ」 (→青年トルコ革命 ) を中心とする立憲派革命勢力によって廃位され,18年ボスポラス海峡に面する離宮で病死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「アブドゥル・ハミト2世」の解説

アブドゥル・ハミト2世

生年月日:1842年9月21日
オスマントルコ帝国第34代のスルタン(在位1876〜1909)
1918年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android