コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥル・ラフマーン・ハーン `Abd al-Raḥmān Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラフマーン・ハーン
`Abd al-Raḥmān Khān

[生]1844?
[没]1901.1.
アフガニスタン,バーラクザーイー朝第4代の王 (在位 1880~1901) 。第1代ドースト・ムハンマドの孫にあたる。第2次アフガン戦争の結果,1880年王位についた。彼は,叔父アザム・ハーンの子イスハークの反乱をしずめ,ギルザーイー族,ハザーラ族を従え,96年にはカーフィリスターンをも併合してアフガニスタン統一に成功した。また彼の治世には,ロシア政府ならびにインド政府との間に国境協定が結ばれ,かなり明確な国境線が設定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブドゥル・ラフマーン・ハーンの関連キーワード[各個指定]芸能部門バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学シカゴ・ホワイトソックスシュワルベ内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家