アブド・アッラッザーク・アルサマルカンディー(英語表記)‘Abd al‐Razzāq al‐Samarqandī

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アッラッザーク・アルサマルカンディー【‘Abd al‐Razzāq al‐Samarqandī】

1413‐82
ティムール朝の外交官,歴史家。アブドゥル・ラッザークともよばれる。ヘラート生れ。初めシャー・ルフに仕え,1441‐44年南インドのビジャヤナガル王国使節として派遣され,詳細な記録を残す。46年には使節としてイランのギーラーンを訪れる。シャー・ルフの没後アブー・アルカーシム・バーブルらに仕えた後,アブー・サイードに仕えた。62年,ヘラートのシャー・ルフ・ハーンカー(修道場)の長に任じられ,そこで没す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android