コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交合 コウゴウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ごう〔カウガフ〕【交合】

[名](スル)交接媾合

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうごう【交合】

( 名 ) スル
男女が交わること。性交。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の交合の言及

【性交】より

…男女の心理的・肉体的交わりをいい,具体的には,精子と卵子の結合を図るために,陰茎を腟内に挿入することを指す。動物における交尾と同じであるが,ヒトの場合には〈性交〉という言葉を用い,〈交接〉〈交合〉などともいう。また古くは〈目合(まぐわい)〉などともいわれた。…

※「交合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

交合の関連キーワードカンダーリヤマハーデーバ寺院点す・灯す・燈すみとのまぐわいみとあたわす御祭り・御祭カジュラーホニンフルサグ嫁ぎ教え鳥イアシオン宿坊・宿房ナーランダエウロペプルトスケイロン武烈天皇餅を搗くエレボス陰陽和合立川流交わり

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交合の関連情報