コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アッラージク・アリー ‘Abd al‐Rāziq ‘Alī

1件 の用語解説(アブド・アッラージク・アリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アッラージク・アリー【‘Abd al‐Rāziq ‘Alī】

1886‐1966
エジプト思想家アズハル大学およびロンドンで学ぶ。ムハンマド・アブドゥフイスラム改革思想を継承する自由主義的開明派の思想家の一人。1925年《イスラムと統治の諸原則》において宗教と政治権力との分離を主張し,カリフの世俗的権威を否定する立場を明らかにしたことから,アズハル保守派ウラマーの攻撃にさらされた。晩年はアラブ連盟アカデミーにおいて活動した。【藤田 進

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブド・アッラージク・アリーの関連キーワードナンバースクール国立劇場岩石区ニッサン シルビアCSP311型外国人学校自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還帝国大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone