アブド・アッラージク・アリー(英語表記)‘Abd al‐Rāziq ‘Alī

  • ‘Abd alRāziq ‘Alī

世界大百科事典 第2版の解説

1886‐1966
エジプトの思想家。アズハル大学およびロンドンで学ぶ。ムハンマド・アブドゥフのイスラム改革思想を継承する自由主義的開明派の思想家の一人。1925年《イスラムと統治の諸原則》において宗教と政治権力との分離を主張し,カリフの世俗的権威を否定する立場を明らかにしたことから,アズハル保守派ウラマーの攻撃にさらされた。晩年はアラブ連盟アカデミーにおいて活動した。【藤田 進】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android