アブド・アッラージク・アリー(英語表記)‘Abd al‐Rāziq ‘Alī

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アッラージク・アリー【‘Abd al‐Rāziq ‘Alī】

1886‐1966
エジプトの思想家。アズハル大学およびロンドンで学ぶ。ムハンマド・アブドゥフのイスラム改革思想を継承する自由主義的開明派の思想家の一人。1925年《イスラムと統治の諸原則》において宗教と政治権力との分離を主張し,カリフの世俗的権威を否定する立場を明らかにしたことから,アズハル保守派ウラマーの攻撃にさらされた。晩年はアラブ連盟アカデミーにおいて活動した。【藤田 進】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android