コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アッラーフ・アンナディーム ‘Abd Allāh al‐Nadīm

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アッラーフ・アンナディーム【‘Abd Allāh al‐Nadīm】

1843‐96
エジプトのジャーナリスト,啓蒙家。アフガーニーの影響を受け,その優れた筆と弁舌を駆使して1880年代初期の民族運動の高揚に寄与した。《タリーク》紙,次いで《タンキート・ワタブキート》紙において,エジプトのヘディーウ(副王)および西欧の支配に対決するアラービー運動を積極的に支援した。反乱鎮圧後数年の沈黙を経て《ウスターズ》紙を発刊。〈真の農民〉と称された彼の農民の心情および現実についての理解や,その反西欧愛国主義は圧倒的な大衆の支持をえ,同紙の社会的影響力の大きさにイギリス占領当局は彼を国外追放にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブド・アッラーフ・アンナディームの関連キーワードライトアママンアレキサンダーウィルソンウェルニヒエスヘルエルドリッジグリーンコッホサトー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android