コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アッラーフ・アンナディーム ‘Abd Allāh al‐Nadīm

1件 の用語解説(アブド・アッラーフ・アンナディームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アッラーフ・アンナディーム【‘Abd Allāh al‐Nadīm】

1843‐96
エジプトジャーナリスト,啓蒙家。アフガーニーの影響を受け,その優れた筆と弁舌を駆使して1880年代初期の民族運動の高揚に寄与した。《タリーク》紙,次いで《タンキート・ワタブキート》紙において,エジプトのヘディーウ(副王)および西欧の支配に対決するアラービー運動を積極的に支援した。反乱鎮圧後数年の沈黙を経て《ウスターズ》紙を発刊。〈真の農民〉と称された彼の農民の心情および現実についての理解や,その反西欧愛国主義圧倒的な大衆の支持をえ,同紙の社会的影響力の大きさにイギリス占領当局は彼を国外追放にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブド・アッラーフ・アンナディームの関連キーワード小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革探偵小説ホメオパシー成田国際空港会社伊東祐亨井上勝ウィルソン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone