アブド・アルカーディル・アルジーラーニー(英語表記)‘Abd al‐Qādir al‐Jīlānī

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アルカーディル・アルジーラーニー【‘Abd al‐Qādir al‐Jīlānī】

1077‐1166
イスラム世界における最初の神秘主義教団(タリーカ)であるカーディリー教団創立者。イランのギーラーンに生まれ,バグダードに出て,ハンバル派の法学者となった。晩年に説教師として市民の人気が出て,彼のためにリバート(修道場)がつくられた。後年,彼はイスラム世界における最も有名な聖者の一人とみなされるようになり,聖者崇拝の対象となった。【古林 清一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android