コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルハーディー ‘Abd al‐Hādī

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アルハーディー【‘Abd al‐Hādī】

1889‐1970
戦前派アラブ・パレスティナ解放運動の代表的存在で弁護士。ナーブルスの名望家の出身で,1911年パリで7名で秘密政治結社〈青年〉をおこす。全員がイスラム教徒である点が,1875年ベイルートにできた同名の結社とは違う。2度の世界大戦の間,ヨルダン国王やアミーン・アルフサイニーと関係が深く,亡命をへて,アラブ連盟の要職につくが,PLOの首脳にはなれなかった。【林

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブド・アルハーディーの関連キーワード黒人問題[各個指定]工芸技術部門鉄鋼業内閣総理大臣ゴッホアラバール多国籍企業野村芳太郎フー森鴎外

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android