コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブハズ族 アブハズぞくAbkhaz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブハズ族
アブハズぞく
Abkhaz

自称アプスア。大カフカス山脈の南麓に古くから住む民族で,そのほとんどがジョージアグルジア)のアブハズ自治共和国に居住する。ジョージアにおける人口は約 10万。紀元初期からすでにグルジア人とは密接な関係があったらしいが,言語,文化のうえでは基本的に北西カフカスのチェルケス族に近い。居住地が亜熱帯に相当するため,ブドウなどの果樹,トウモロコシ,タバコの栽培がおもな生業。集落はチェルケス族のものに共通であるが,住居は1室で内部に男女別の仕切りのない点が異なる。キリスト教,イスラム教が支配的であるが,伝統的な信仰もみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブハズ族の関連キーワードジョージア州オセチヤ人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android