コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブバカール-モスク アブバカールモスクAbu Bakar Mosque

世界の観光地名がわかる事典の解説

アブバカールモスク【アブバカール-モスク】
Abu Bakar Mosque

マレーシアのマレー半島最南端、同国第2の都市ジョホールバールにあるモスク(イスラム礼拝堂)。ジョホールとの国境になっているジョホール水道(ジョホール海峡)を見下ろす小高い丘の上にある木造の建造物で、マレーシアで最も美しいモスクの一つといわれている。ジョホール州のスルタンだったアブバカールの命によって、1893年から8年の歳月をかけて建てられた。内部には約2000人収容の大礼拝堂があるが、イスラム教徒以外は中に入れない。観光客は外観のみ見学可能となっている。丘の上からはシンガポールの町並みを眺めることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android