コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・マーシャル Abū Ma`shar al-Balkhī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・マーシャル
Abū Ma`shar al-Balkhī

[生]787.8.10. ホラーサーン,バルフ
[没]886.3.9. ワーシト
ペルシアの天文学者。中世ヨーロッパでは Albumasarの名で占星術師として知られている。イスラム世界において,潮の干満が月の朔望と関係があることを発見した最初の人である。主著『大入門書』 al-Madkhal al-kabīr。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアブー・マーシャルの言及

【占星術】より

… アウグスティヌスの《神の国》にあるように,占星術を非合理的とするキリスト教会の弾圧によって,5世紀以降のヨーロッパでは姿を消すが,ネストリウス派キリスト教徒などの手によって古代占星術の伝統はイスラム世界に伝えられた。アブー・マーシャルAbū Ma‘shar(ラテン名アルブマサルAlbumasar。787‐886)やバッターニーが特に有名で,その占星術書は12世紀ころからラテン語訳されてヨーロッパにも知られるようになった。…

※「アブー・マーシャル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・マーシャルの関連キーワードボーイング787ドリームライナーエアバスA350-XBW旅客機近年の動向シャーンタラクシタカタール航空認知連邦航空局リチウムイオン電池ボーイング747航空宇宙産業特区

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android