朔望(読み)サクボウ

  • ×朔望
  • さくぼう ‥バウ
  • さくぼう〔バウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「朔」は一日。「望」は一五日) 陰暦の一日と一五日。また、月の満ち欠け。
※東寺百合文書‐を・永享一〇年(1438)六月二一日・鎮守八幡宮朔望出仕度数注文「朔亡出仕度数」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「朔望はいふに及ばず、四時俗節の日といへども、日講をとどめられし御事はあらず」 〔漢書‐律歴志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android