コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルワファー Abū al‐Wafā’

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルワファー【Abū al‐Wafā’】

940‐997か998
バグダードの天文台で活躍したペルシア系数学者,天文学者。ユークリッド,ディオファントスやフワーリズミーの著作を注釈,改訂したが,いずれも現存しない。算術教科書《書記と役人に必要な計算法についての本》はインドの影響を受けておらず,アラビア独自のタイプの算術書としては最も初期のものである。三角法の分野では,従来のプトレマイオス流の正弦表計算を廃し,独自の方法を採用するなど,独創的な業績を残した。【三浦 伸夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアブー・アルワファーの言及

【二均差】より

…距離にも二均差と同じ周期成分があり,その振幅は3000kmである。二均差はアラビアの天文学者アブー・アルワファーによって発見された。【木下 宙】。…

※「アブー・アルワファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・アルワファーの関連キーワードビールーニー二均差

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android