コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・カーミル Abū Kāmil

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・カーミル【Abū Kāmil】

830ころ‐930ころ
〈エジプトの計算家〉と呼ばれ,カイロで活躍した代数学者。彼が著した現存の代数学書は,フワーリズミーの研究を受けつぎながらも,より高度な問題を含み,さらに代数の幾何への応用にも言及している。それらはのちの代数学者に大いに利用された。また一次,二次不定方程式の研究も付されている。著作の一部はヘブライ語,ラテン語に訳され,13世紀フィボナッチ(ピサのレオナルド)にも影響を与えた。【三浦 伸夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・カーミルの関連キーワード万多親王原油醍醐天皇醍醐天皇國友真由美青木優梨SHINYA醍醐天皇フェルナン・ゴンサレス醍醐天皇

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android