コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・カーミル Abū Kāmil

1件 の用語解説(アブー・カーミルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・カーミル【Abū Kāmil】

830ころ‐930ころ
エジプトの計算家〉と呼ばれ,カイロで活躍した代数学者。彼が著した現存の代数学書は,フワーリズミーの研究を受けつぎながらも,より高度な問題を含み,さらに代数の幾何への応用にも言及している。それらはのちの代数学者に大いに利用された。また一次,二次不定方程式の研究も付されている。著作の一部はヘブライ語ラテン語に訳され,13世紀フィボナッチ(ピサのレオナルド)にも影響を与えた。【三浦 伸夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブー・カーミルの関連キーワードエジプト暦出エジプト記ノモスメネスエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone