コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・カーミル Abū Kāmil

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・カーミル【Abū Kāmil】

830ころ‐930ころ
〈エジプトの計算家〉と呼ばれ,カイロで活躍した代数学者。彼が著した現存の代数学書は,フワーリズミーの研究を受けつぎながらも,より高度な問題を含み,さらに代数の幾何への応用にも言及している。それらはのちの代数学者に大いに利用された。また一次,二次不定方程式の研究も付されている。著作の一部はヘブライ語,ラテン語に訳され,13世紀フィボナッチ(ピサのレオナルド)にも影響を与えた。【三浦 伸夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アブー・カーミルの関連キーワード原油万多親王原油醍醐天皇醍醐天皇國友真由美青木優梨SHINYA醍醐天皇フェルナン・ゴンサレス

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android