アプガー指数(読み)アプガーシスウ

デジタル大辞泉の解説

アプガー‐しすう【アプガー指数】

Apgar score》新生児の出生1分から数分後の活力を表す指数。心拍数、呼吸数、筋緊張、刺激による反射、皮膚の色より算出する。アメリカの麻酔学者の名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アプガーしすう【アプガー指数】

〔アメリカのアプガー(V. Apgar)が1952年に考案〕
新生児の活力をみる指数。出産一分後、または五分後の心拍数・呼吸・筋緊張・刺激への反応・皮膚色をそれぞれ測定し、それぞれに割り当てた点数の合計値により判定する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android