コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベイ派(読み)アベイは(英語表記)L'Abbaye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベイ派
アベイは
L'Abbaye

フランスの詩人,芸術家のグループ。 1906年から翌年の秋までパリ近郊クレテーユの修道院 (アベイ) 跡で,フーリエの流れをくむ社会主義的共同生活を営んだ。ビルドラックを中心に,デュアメルアルコス,画家グレーズらが活版印刷の仕事で生計を立てながら,共通の社会的関心,反主知主義的芸術観のもとに,制作や研究を行なった。のち J.ロマンが参加,ユナニミスム (一体主義) を指導理念とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアベイ派の言及

【アルコス】より

…1903年の処女詩集《本質的な魂》以来一貫してヒューマニズムの立場をつらぬいた。06年,デュアメル,ビルドラックらとパリ郊外クレテイユにユートピア〈僧院〉を創設し,仲間と自給自足の共同生活を送り,いわゆる〈アベイ派〉を形成した。第1次世界大戦に際しては反戦的姿勢を崩すことなく,18年詩集《他人の血》を上梓し,戦後は左翼に属し,ロマン・ロランらとともに22年雑誌《ウーロープ》を創刊し,40年の休刊までその主幹の地位にとどまった。…

※「アベイ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android