アルコス(英語表記)Arcos, René

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルコス
Arcos, René

[生]1881
[没]1959
フランスの詩人,小説家。アベイ派の一人。第1次世界大戦後は J.ゲーノらと雑誌『ウーロップ』 Europeを主宰。主著,詩集『本質的な魂』L'Âme essentielle (1903) ,『他人の血』 Le Sang des Autres (19) ,小説『兵営』 Caserne (21) ,『泉から』 De Source (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルコス【René Arcos】

1881‐1959
フランスの詩人,小説家。1903年の処女詩集《本質的な魂》以来一貫してヒューマニズムの立場をつらぬいた。06年,デュアメル,ビルドラックらとパリ郊外クレテイユにユートピア僧院〉を創設し,仲間と自給自足の共同生活を送り,いわゆる〈アベイ派〉を形成した。第1次世界大戦に際しては反戦的姿勢を崩すことなく,18年詩集《他人の血》を上梓し,戦後は左翼に属し,ロマン・ロランらとともに22年雑誌《ウーロープ》を創刊し,40年の休刊までその主幹の地位にとどまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルコス
あるこす
Ree Arcos
(1881―1959)

フランスの詩人。1901年処女詩集『本質的な魂』を発表。1906年デュアメル、ビルドラック、ジュール・ロマンとアベイ派を創設し、詩集『他人の血』(1916)などによってヒューマニズムを歌う。1923年ロマン・ロランに協力して『ウーロップ』誌を創刊。詩集のほか、小説『兵営』(1921)や、評論『ロマン・ロラン』(1950)などの作者として名高い。[窪田般彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルコスの関連情報