コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロン型 アポロンがたApollinischer Typus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポロン型
アポロンがた
Apollinischer Typus

一般に芸術活動を支配する根本領域で,ニーチェによって原理として用いられた用語。ディオニュソス型に対立。この型の芸術は夢幻の観照の世界のものであり,静観と叡知による。一般に造形美術叙事詩の類がこれに属するとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アポロン型の関連キーワードディオニュソス典型

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android