コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静観 セイカン

デジタル大辞泉の解説

せい‐かん〔‐クワン〕【静観】

[名](スル)
静かに観察すること。また、行動を起こさずに物事の成り行きを見守ること。「しばらく事態を静観しよう」
事物の奥に隠された本質的なものを見極めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかん【静観】

( 名 ) スル
積極的な行動をあえてせずに、物事を見守ること。 「事態を-する」
〘哲〙
移り変わる現象の背後にある不変的な本体を直観すること。諦観。
美学で、実践的意志の動きを超絶した観照。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

静観の関連キーワードソ越友好協力条約東ベルリン暴動アレクサンダーGKA助成問題当世下手談義サラトガの戦静観房好阿山本静観房アポロン型丹羽 洋岳摩志田好話金城 朝永九条兼実伊藤単朴静観詩集メーリケ伊藤三橋茅原華山美的経験美的観照

静観の関連情報