静観(読み)せいかん

精選版 日本国語大辞典「静観」の解説

せい‐かん ‥クヮン【静観】

〘名〙
① 心かに観察すること。
※艸山集(1674)二三・山居「細雨密雲盈碧虚、静観林樹日扶踈」
※卍庵仮名法語(18C中か)「夫れ公卿太夫士農工商ともに千種万般の家事あり、何ぞ終日黙坐静観するの暇あらんや」
② あることがらが自分に関係するにもかかわらず、それに手出しをせずにじっとしていること。「事態の推移を静観する」
③ 対象の表面的な知覚にとどまらず、その本質的なものまで心眼でみきわめること。諦観。観照。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉マラルメ文「物象を静観して、これが喚起したる幻想の裡自から心象の飛揚する時は『歌』成る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「静観」の解説

せい‐かん〔‐クワン〕【静観】

[名](スル)
静かに観察すること。また、行動を起こさずに物事の成り行きを見守ること。「しばらく事態を静観しよう」
事物の奥に隠された本質的なものを見極めること。
[類語]傍観黙視座視拱手傍観腕をこまねく高みの見物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「静観」の解説

【静観】せいかん(くわん)

静かに観察する。〔秋日偶成、二首、二〕 物靜するに、皆自得す 四時の佳興、人と同じ ず、天地形の外 思ひは入る、風雲變態の中(うち)

字通「静」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android