静観(読み)セイカン

デジタル大辞泉の解説

せい‐かん〔‐クワン〕【静観】

[名](スル)
静かに観察すること。また、行動を起こさずに物事の成り行きを見守ること。「しばらく事態を静観しよう」
事物の奥に隠された本質的なものを見極めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかん【静観】

( 名 ) スル
積極的な行動をあえてせずに、物事を見守ること。 「事態を-する」
〘哲〙
移り変わる現象の背後にある不変的な本体を直観すること。諦観。
美学で、実践的意志の動きを超絶した観照。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐かん ‥クヮン【静観】

〘名〙
① 心静かに観察すること。
※艸山集(1674)二三・山居「細雨密雲盈碧虚、静観林樹日扶踈」
※卍庵仮名法語(18C中か)「夫れ公卿太夫士農工商ともに千種万般の家事あり、何ぞ終日黙坐静観するの暇あらんや」
② あることがらが自分に関係するにもかかわらず、それに手出しをせずにじっとしていること。「事態の推移を静観する」
③ 対象の表面的な知覚にとどまらず、その本質的なものまで心眼でみきわめること。諦観観照
海潮音(1905)〈上田敏訳〉マラルメ文「物象を静観して、これが喚起したる幻想の裡自から心象の飛揚する時は『歌』成る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静観の関連情報