コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡知 えいち

デジタル大辞泉の解説

えいち【叡知】[書名]

《原題、〈フランス〉Sagesseベルレーヌの詩集。1881年刊行。ランボーに発砲した事件で逮捕された著者が、獄中キリスト教への信仰を回復した際に書かれた詩が中心。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の叡知の言及

【理性】より

…intellectの訳語は,1881年には〈智力〉,明治30年代から〈知性〉〈知能〉が加わり,明治40年代の末から〈知性〉に定着する一方,〈知能〉をintelligenceに当てる用法が増す(1886年に中江兆民はintelligenceを〈智〉〈智の機能〉と訳した)。他方,intelligenceは明治・大正期以来〈叡智〉〈叡知〉の訳語があり,大正期には超自然界・叡知界の認識能力としてのラテン語intelligentiaが〈叡知〉と訳された。 アリストテレスは〈感覚aisthēsis〉に対して人間固有の思考力を〈理性nous〉と呼び,直覚的に原理・始元を洞察する〈直覚知noēsis〉と,分析的に判別し抽象する〈分別知dianoia〉とを含むとした。…

※「叡知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

叡知の関連キーワードスフラワルディー(Shihāb alファルス中心主義ハギア・ソフィアイブン・アラビーマルブランシュ福原 麟太郎カンディードローマ神話アポロン型真理の探究ロッツェセルパン自然美二元論英知狂言

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叡知の関連情報