コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマダソノイケ アマダソノイケ

1件 の用語解説(アマダソノイケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマダソノイケ

2003年アマダ吸収合併されたアマダマシニックスの前身の機械メーカー主として自動車業界向けの帯鋸盤,切削・鍛圧・板金機械を手がけた。1912年創立の池田工具製作所を前身に,1917年園池製作所として設立。1973年アマダが全株式の 49.4%を取得し,翌 1974年アマダからの金切帯鋸盤・金型の受託生産を開始。1976年より,液圧プレス,機械プレスをはじめとする金属加工機械の製造が本格化した。1989年社名をアマダソノイケに変更。2000年4月工作機械・プレスのアマダワシノを合併し,アマダマシニックスと社名を変更した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アマダソノイケの関連キーワードHomeStyle+科学技術インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAX松田龍平スカイハイ冷夏ムン ソリ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone