コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマディス・デ・ガウラ Amadís de Gaula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマディス・デ・ガウラ
Amadís de Gaula

スペインの作家ガルシ・オルドーネス・デ・モンタルボの騎士道物語。 1508年刊。オリアナ姫に忠実な騎士アマディスの恋と冒険,巨人,猛獣,騎士を相手に繰広げられる武勇伝で,原型は 14世紀前半にさかのぼり,フランスからポルトガルガリシアを経てカスティリアの中央部に伝わったものと思われるが,史実に基づかない奇想天外なフィクションの世界は原型にみられない特色であり,幻想小説,怪奇小説さきがけと考えることもできる。 16世紀を通じて多くの続編,模倣作が書かれ流行したが,『ドン・キホーテ』でパロディーの対象とされ衰微した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アマディス・デ・ガウラの関連キーワードスペイン文学騎士物語タッソ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android