コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマドコロ(甘野老)(読み)アマドコロ(英語表記)Polygonatum odoratum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマドコロ(甘野老)
アマドコロ
Polygonatum odoratum

ユリ科の多年草で,東アジアの温帯に広く分布する。日本全域の山地や草原に普通にみられる。地下に長く走る根茎があり,その節から地上茎を出す。茎の基部は直立するが,上半部は斜めになり,稜があって角張る。葉は長さ8~15cmの楕円形で互生し,裏面は白色を帯びる。斑 (ふ) 入りのものもしばしば見かける。春に,葉腋から1~2個の緑白色鐘形の花を垂下する。果実は球形の液果で黒く熟する。よく似た別種ナルコユリ P. falcatumがあるが,各葉腋につく花が3~4個と多く,茎が丸い点で区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマドコロ【アマドコロ(甘野老) Polygonatum odoratum (Mill.) Druce】

山地の明るい場所に生えるユリ科の多年草(イラスト)。日本全土に分布する。白い筒状の花が鈴のように下向きにぶらさがって咲き可憐さが好まれ,切花によく用いられる。根は横にはい,トコロに似て甘いので,アマドコロといわれる。地下茎淡褐色,長く横にはい,1年ごとに節ができる。地上茎は地下茎の先端につき,高さ40~80cm,葉の重みで先はしなる。葉は茎の左右にならんでつき,長楕円形で平行脈が著しく,裏面は白みを帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android