コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルコユリ

百科事典マイペディアの解説

ナルコユリ

本州〜九州,東アジア山野草地林縁にはえるユリ科多年草。茎は節のある根茎から出て高さ50〜80cm。左右2列に10個内外,披針形で長さ8〜13cmの葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルコユリ
なるこゆり / 鳴子百合
[学]Polygonatum falcatum A. Gray

ユリ科の多年草。太い地下茎を横たえ、年ごとに節をつくる。春に芽を出し、茎は弓なりに伸びて約80センチメートル、上方にユリに似た葉を2列に互生する。この仲間ではもっとも葉幅が狭く、緑白色を帯びる。5月ころ中央部の葉腋(ようえき)から筒状の淡緑白色花を2、3個ずつ垂れ下げる。花は長さ約2センチメートル、先端は6裂する。丘陵や山地の藪陰(やぶかげ)に生え、日本全土、および朝鮮半島に分布する。名は、花が風に揺れるようすを鳴子に見立てたもの。近縁種オオナルコユリ(大鳴子百合)は全体がやや大形で、花は長さ2.5~3.5センチメートル。別の近縁種ミヤマナルコユリ(深山鳴子百合)は高さ30~50センチメートル。葉は幅が広く、卵形で先端はとがる。山地の傾斜地などによく群生する。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナルコユリの言及

【アマドコロ(甘野老)】より

…日本には約10種が分布する。ナルコユリP.falcatum A.Gray(イラスト)はアマドコロに比べて葉が細く先がとがり,花数が多い。アマドコロより暖地性の植物で本州,四国,九州の低山地に分布する。…

※「ナルコユリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナルコユリの関連キーワードワニグチソウ(鰐口草)アマドコロ(甘野老)その他の身近な山野草オオナルコユリ釣鐘草鳳翩山笹百合笑み草甘菜黄精露草正精

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナルコユリの関連情報