鳴子百合(読み)ナルコユリ

デジタル大辞泉の解説

なるこ‐ゆり【鳴子百合】

ユリ科の多年草山野に生え、高さ約80センチ。地下茎がはい、先から1年ごとに1本の茎を出す。茎は弓なりに伸び、葉を互生する。5、6月ごろ、葉のわきから緑白色の筒状の花が垂れ下がって咲き、暗緑色の実を結ぶ。漢方根茎黄精といい強壮薬に使う。えみぐさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なるこゆり【鳴子百合】

ユリ科の多年草。山野に自生。茎は高さ約80センチメートル。葉は披針形で左右二列に互生。初夏、長さ約2センチメートルの白色の筒状花を葉腋ようえきに三~五個下垂。中国産の近縁種の根茎を漢方で黄精おうせいといい、滋養強壮薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳴子百合 (ナルコユリ)

学名:Polygonatum falcatum
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android