コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴子百合 ナルコユリ

デジタル大辞泉の解説

なるこ‐ゆり【鳴子百合】

ユリ科の多年草山野に生え、高さ約80センチ。地下茎がはい、先から1年ごとに1本の茎を出す。茎は弓なりに伸び、葉を互生する。5、6月ごろ、葉のわきから緑白色の筒状の花が垂れ下がって咲き、暗緑色の実を結ぶ。漢方根茎黄精といい強壮薬に使う。えみぐさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なるこゆり【鳴子百合】

ユリ科の多年草。山野に自生。茎は高さ約80センチメートル。葉は披針形で左右二列に互生。初夏、長さ約2センチメートルの白色の筒状花を葉腋ようえきに三~五個下垂。中国産の近縁種の根茎を漢方で黄精おうせいといい、滋養強壮薬とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳴子百合 (ナルコユリ)

学名:Polygonatum falcatum
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鳴子百合の関連キーワードナルコユリ恵美久佐披針形阿末奈筒状花近縁種葉腋甘菜自生女委笑草

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android