コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタール Amytal

翻訳|Amytal

世界大百科事典 第2版の解説

アミタール【Amytal】

アモバルビタールamobarbitalの商品名で,イソミタールIsomytal(商品名)も同一薬品である。白色の結晶または結晶性の粉末の催眠薬。化学的には5‐エチル‐5‐イソアミルバルビタール酸という。バルビタール酸が合成されたのが1864年で,バルビタールは1903年に合成されたが,アミタールが合成されたのは23年で,アメリカのリリー社により発売された。バルビタール酸系催眠薬のうちで中間持続型に属し,服用後約30分で催眠効果が表れ,4~6時間熟眠する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アミタールの関連キーワードアミタール面接精神分析麻酔分析自白薬

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android