コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミタール Amytal

翻訳|Amytal

1件 の用語解説(アミタールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アミタール【Amytal】

アモバルビタールamobarbitalの商品名で,イソミタールIsomytal(商品名)も同一薬品である。白色の結晶または結晶性の粉末の催眠薬。化学的には5‐エチル‐5‐イソアミルバルビタール酸という。バルビタール酸が合成されたのが1864年で,バルビタールは1903年に合成されたが,アミタールが合成されたのは23年で,アメリカリリー社により発売された。バルビタール酸系催眠薬のうちで中間持続型に属し,服用後約30分で催眠効果が表れ,4~6時間熟眠する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone