コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミメハギ アミメハギRudarius ercodes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミメハギ
Rudarius ercodes

フグ目カワハギ科。体長 6cmになる小型種。体は円形に近く,側扁する。体色は帯黄褐色または灰緑色で,暗色多角形の網目状斑紋がある。 20m以浅の岩礁藻場内湾の波止場付近などにすむ。駿河湾以南の日本,西太平洋,インド洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミメハギ
あみめはぎ / 網目剥
[学]Rudarius ercodes

硬骨魚綱フグ目カワハギ科に属する海水魚。本州中部以南から九州にかけて分布し、朝鮮半島南部にも生息する。体は強く側扁(そくへん)し、円形に近い。全長6センチメートルどまりで、カワハギ科のなかでは最小。体色は黄褐色か灰緑色で、暗色の網目状紋様があるのがこの名の由来である。カワハギの幼魚と混同されるが、腹びれ後端の突起がカワハギでは上下に動き、本種では不動なので区別できる。沿岸の藻類の間に生息し、6~10月に産卵する。卵はアマモなどの海藻に産み付けられ、親は卵を保護する。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アミメハギの関連キーワード皮剥

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android